本文へスキップ

ペット ドア リフォーム

ペットと暮らせるリフォームreal estate

ペット用のドアを作ってあげませんか?

ペット用のドアが欲しい

昔の家は障子のある家が多かったです。

障子ならペット用のドアが簡単にできます。

障子の場合は、障子に切り込みを入れるだけで猫が違う部屋を自由に行き来できるようにできます。障子なら無料で簡単にできるわけです。(ただし、冷暖房効果が落ちるため冬は寒く夏は暑くなります。見た目も悪いです。)

具体的に言うと、障子の枠の一つの障子紙を、だいたい3センチ幅ぐらいに縦に切り込みを入れます。上の部分だけを残して両横と下を切ります。暖簾(のれん)みたいな感じと言ったらいいのでしょうか、とにかく猫が自由にできる部分が出来上がるのです。

しかし、障子意外のドアとか壁に素人が穴をあけるわけにはいきません。

そこで、頼りになるのがリフォーム屋さんです。

リフォーム屋さんに頼むと、猫が家中を自由に行き来できる穴を壁やドアにつくることもできます。

そればかりでなく、ペットと一緒に暮らすのに不便な家のリフォームを手掛けているリフォーム屋さんは、結構便利なことをたくさん知っていることが多いので相談してみるのもお勧めです。より快適なペットとの暮らしができます。

もし、そんなリフォーム屋さんを知らないという人がいたら、ホームプロで探すのがおすすめです。ホームプロなら簡単に地元の良いリフォーム屋さんがを見つけることができます。

さて、猫が自由に出入りできる穴の話に戻りますが、ひところは猫の首にセンサーをつけておいて猫が自由に違う部屋を行き来できるようにしたものがありました。

ドアや壁の下に猫が出入りできる大きさの穴を開けて、小さい穴のドアにもセンサーをつけておくというのです。

そこへセンサーを付けた猫が来ると自動的に開き、そして閉まります。今でもあるかと思ってネットで探してみたのですが、今現在は作られていないようです。

いずれにしてもペットが自由に行き来できないと、飼っている人間も不便で大変です。最近では、ペット専用の通路の付いた室内ドアも販売されています。ドア代他取り付け料なども合わせると安くはありませんが、暮らしがかなり快適になりますのでお勧めです。

どれぐらいで取付けられるのか、興味がある人は匿名で相談できるホームプロで聞いてみましょう。

→ ペットと暮らすリフォームの知識



関連 関連ページ
ペットが自由に部屋を出入りできるドアを作るには?
ペットのための床(フローリングをコーディング)へリフォーム!
愛犬と暮らすためのリフォームが大成功した理由
ペットと暮らせるリフォームはどこの業者に相談するの?
猫のための脱臭効果のあるリフォーム
ペット用シャンプー台を取り付けたリフォームってどう?
ペット(愛犬)の健康と運動 犬専用ランニングマシン
ペットゲートでペットから赤ちゃんを守るリフォーム
ペットのニオイを防いだ快適なリフォームと観葉植物
ペットに優しい床材の選び方(タイル・無垢床・カーペット)