本文へスキップ

ペットゲート

ペットゲートreal estate

ペットゲートで赤ちゃんを守る

ペットゲートが必要です

ペットを飼っていると、赤ちゃんが生まれた時にはペットゲートが必要になってきます。

よくしつけられたペットといっても、やはり動物ですから人間のようにはいきません。

もしものことがあってからでは遅いので、ペットゲートのリフォームはぜひお勧めします。

小さな子供を守るためのペット専用ゲートの取り付け場所の多くは、キッチンや玄関、廊下他階段などに取り付けます。

犬の通り抜け専用ゲートというのもあります。

犬の通り抜け専用ゲートは、ホームセンターなどで売られてもいますが、なかなかその家の玄関にちょうど合ううのも少なく、できれば大工さんに木製で作ってもらえば綺麗です。ちなみに、ご近所の方の作ってもらった犬通り抜け専用のゲートは、25,000円ほどだったそうです。

今はたくさんのリフォーム業者がありますが、業者の実態を口コミなどで調べるなどをして優良なリフォーム業者を探すようにしてください。できればその業者を利用したことがある人から話を聞ければ一番いいですね。

もし、リフォームした人が周囲にいないという場合は、ホームプロを活用してリフォーム業者を探すのが安心です。

ホームプロとはNTT東日本やNTT西日本を含む大手4社の出資する優良リフォーム紹介サイト。無料でいろいろなリフォーム情報が知れるだけでなく、地元の良いリフォーム業者を見つけることもできます。

家の中のペットゲートはそれなりの費用がかかりますから、出来れば事前に見積書を出してもらうことをお勧めします。

その点、ホームプロなら匿名でリフォーム業者に概算を出してもらうことができますから、値段が合わずにお断りする場合でも、ボタンひとつで済み、気軽に利用することができ便利。

また大型犬を飼っている場合は、ご近所の迷惑他、安全を十分に考えて買う必要があります。

しっかり鎖につないでいると言っても、近所の子供が犬に近づいて噛まれるなどの事故もあります。リフォーム業者に相談して、念には念を入れた安全策を講じておくことをお勧めします。


関連 関連ページ
ペットが自由に部屋を出入りできるドアを作るには?
ペットのための床(フローリングをコーディング)へリフォーム!
愛犬と暮らすためのリフォームが大成功した理由
ペットと暮らせるリフォームはどこの業者に相談するの?
猫のための脱臭効果のあるリフォーム
ペット用シャンプー台を取り付けたリフォームってどう?
ペット(愛犬)の健康と運動 犬専用ランニングマシン
ペットゲートでペットから赤ちゃんを守るリフォーム
ペットのニオイを防いだ快適なリフォームと観葉植物
ペットに優しい床材の選び方(タイル・無垢床・カーペット)